読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分なりのミニマリズムを見つけたい

 

ミニマリスト

 

という言葉を知っていますか?



2015年版の流行語大賞にノミネートされた言葉です。

 

 

いまいち知名度が高くありませんが。



日本語にすると「最小限主義者」とも訳されます。

 

 

要は、自分に最小限必要なモノ以外は持たないで暮らしましょうという考え方のことです(その考え方は「ミニマリズム」と言います)。



これが密かにブームになっているのです。



一時期、流行った「断捨離」に似たものがありますが、個人的にはミニマリズムの方が突き詰めている感じがします。



日本って周期的に片付けや掃除が流行る気がします。笑



 

ちなみに、「断捨離」は2010年版の流行語大賞にノミネートされていました。

 

 

日本の片付け・掃除ブーム恐るべし…



話は戻りますが、自分はそもそも片付けが好きな人間なので、部屋は割といつも綺麗な状態で保たれていると自負していますが、ミニマリズムに出会い、衝撃を受けました。



今までは限られた空間にいかに収納力を持たせて、たくさんのものを収納するかという考えで部屋を綺麗してきました。



しかし、ミニマリズムでは、そもそも必要最低限以外のモノを持たないことで、部屋をスッキリさせるという考えです。



まさに自分には逆転の発想で、ハッとさせられました。

 

 

モノを持たないことで部屋をスッキリさせるってなわけです。



そうして、ミニマリズムに興味が湧いた私は、すぐさまスマホミニマリズムミニマリストという言葉を調べ、ミニマリストブロガーの方々のブログを見まくりました。



そんな中、ほとんどのブロガーさんがある1冊の本をきっかけにミニマリストになる決心をしていること気付きました。



それがこちらです。

 

 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

 

 



たくさんの方が、紹介する本が気になり私もすぐ、Amazonで購入しました。



つい先日、この本を読了しましたので、「なるほど」と思った部分を書いていきたいと思います。



1 日本人はみんなミニマリストだった



本の中で著者は、かつての日本人の姿はミニマリストそのものであり、日本の文化というのはそもそもミニマリズムの文化であったと言っています。



言われてみれば、確かに江戸時代の人々の暮らしはミニマリズムそのものなんですよね。



着物はたくさん持たずに、気に入った数着を着回し、身軽で健脚。



家に関しても、すぐに建て替えができるように簡素な作りにする。



私たちはそんなミニマリズム発祥の国に生まれていたのです。

 

 

言われてみれば、大河ドラマとか見ていると、出てくる人どの方も非常に身軽ですもんね。

 



2 「心のときめき」を感じとる



近藤麻理恵さん著の『人生がときめく片付けの魔法』に出てくるキーワードである「心のときめき」。



これがモノを捨てる際、判断基準となるのです。



自分が昔、愛用していたものでも、現在使っていなければ、ときめくことはそうそうありません。



ときめきは、自分の「現時点」の必要最低限がなんなのかを知るためには非常に役立つ判断基準です。



周りが心がときめくものだけで埋め尽くされた生活は、とても幸せな日々な気がします。

 

 

早くそうなりたい…



 

3 熱く語れないモノは捨てる



こちらも2と同じようなものですね。



熱く語れないモノは、ときめくこともそうそうない気がします。



逆に熱く語れるモノというのは、その時点で心がときめいているのですから。



4 5回迷ったら捨てる



もし本当にミニマリズムを極めている方なら、少しでも捨てることを迷ったら捨てるのだとは思います。



しかし、これからミニマリストデビューをする私たち。



それだと少しハードル高めかな?



ということで、とりあえず、5回も迷ったら捨てましょうということです。



それだけ迷っているものです。



思い出などがそれを遮っているだけで、おそらくはいらないものなのでしょう。



思い切って捨てる気持ちが最後は大切になります。



5 ミニマリストになったらメリットがたくさんあるらしい



ミニマリストはただ部屋がすっきりになるということだけではないメリットがたくさん。



まず、行動的になれるらしいです。



なぜなのか、部屋がすっきりすると、心もすっきりして、身軽になるんだそうです。



フットワーク軽くありたいと日々常々思っている自分には、最高すぎますね、はい。



また、集中力が高まり、自己に徹することができるようになるらしいです。



自分にとって大事なもの以外、全てすっきりさせると、大事なものに集中することができます。



自分は最近、大学3年になりました。



1つ上の先輩方が就活をしている姿を見て、就活を少し意識してしまいました。

 

 

もう少し自分自身のことを知れるようになりたいものです。



いわゆる自己研究ってやつですね。



モノを減らしていくことで、それ可能になるのだったら、すぐにでも実行して、



自己を見つめ直すための最強の部屋を作り上げたいと思いました。

 

 

自分だけの精神と時の部屋を作りたいものですね。

 

 

今日はこの辺で。

 

 

ありがとうございました。